FC2ブログ

  • スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 『お気に入り俳優・覚え書き』 ☆パク・シフ☆

14a1d965.jpg
色気ある「目」で語る花美男
ドラマを観るたびに増えていくお気に入りの俳優さん。
数えだしたら 手足の指では足りなくなってしまいました。。
ジニやシナとはまったく違うお部屋とはいえ、私の脳内の花美男部屋はかなり手狭になってきたのでございます。

そんなわけで、最近気になる花美男から、昔から変わらず大好きな花美男まで...
お1人ずつ、あれこれ書いてみたいと思います

パク・シフ
e332a80bc80041f2b397fdd5a828530a_hoo_20091029214801.jpg

☆プロフィール
生年月日:1978年4月3日
身長・体重 :182cm・70kg
血液型:B型


改めて調べてみてまず驚いたのが彼の年齢です。「31歳」だったなんて。。
とてもじゃないけど30代には見えません。
『一枝梅』で共演したジュンギ君と並んでも同世代にしか見えませんでしたのに。。
(確かジュンギ君より年下の設定だったような。。)
そして!大好物の「B型の男子」。そして、スラッとしてるのに何気にモムチャンという、
理想的な体型も素敵です。

017970ae_2.jpg
何気に(かなりの⇒)モムチャン シフ君


で。。『家門の栄光』の中で、「ホストみたいなヤツ」と言われる台詞があるのですが、
言いえて妙…という感じの、いかしたスーツ姿やきっちりしたシャツ姿でほぼ全編登場して
くれまして。。それがまたものごっつ似合っておりました

c0157066_20585258.jpg

f18894d2.jpg
肌が白いからか、黒いシャツが似合うんですね~~

☆出演作品
2005年:「怪傑春香」(デビュー作)
2006年:「結婚しましょう」、「君はどの星から来たの」
2007年:「完璧な恋人に出会う方法」
2008年:「一枝梅(イルジメ)」
2009年:「家門の栄光」


韓国の歌手、 ガビ&ジェイのMVに出演して注目されたパク・シフは、97年から演劇で活動を初め、すでに演技経歴10年のベテラン新人である。
演劇活動をしていた彼は、ドラマの端役から初め、06年には「君はどこの星から来たの」や「結婚しましょう」に同時に出演し、注目され始める。

07年には「完璧な恋人に出会う方法」に出演、劇中で男前で完璧な役を引き受け、SBS演技大賞でニュースター賞を受けた。
そして08年、「一枝梅」に出演して、一人の女性を愛し続けるカリスマ的な役‘シフ’を引き受けて、再び注目されている。



『一枝梅』がシフ君との出会いだと思っていたのに、デビュー作が『怪傑春香』だと知り驚きました。こんな二枚目出てたっけ?」と、薄い記憶を掘り起こしても思い当たらず。。
でも最近、ちらっとこのドラマを見直したらば、ジェヒ君が(最初は⇒)片想いしていた性悪
ヨジャに「振られた(振った?)イケメン男子」として序盤に登場していた模様。

「お~!あの彼だったのね!」…と驚きつつも、まだ今のシフ君とは違い、顔が不安定というか、定まってないというか。。二枚目だけど男としての顔が確立されてない感じで、印象には残念ながらまったく残っていませんでした。『自信が顔を作る』とはよく言ったものですね。
今の彼の美しいお顔は、一つずつ積み重ねてきたキャリアから来る自信の表れなのかも。。

f0178110_10113918_20091029215304.jpg
イケメンだけどまだまだ不安定。。

c0143821_22374979.jpg
完璧な今現在のシフ君まであと一歩


◎2007年『完璧な恋人に出会う方法』
感情表現みたいなものは まだまだだったかもしれませんが、(←←何様?)キラキラと輝く
オーラと将来性を感じました。(←更に何様?)だから同じ脚本家の『家門の栄光』に呼ばれたんじゃなかろうかと。。
許されない愛ゆえに、ずるい男にならざるを得なかった苦悩と、諦めるしかない辛さをとても悲しく、寂しげに表現していたシフ君が素敵でした。相手役のペ・ドゥナさんに本当に惚れてるんじゃなかろうか…。。なんて思わせる、色気のある表情がとても良かったです。

◎2008年『一枝梅(イルジメ)』
この作品を観た時はまだシフ君のことを全然知らなかったので、「二枚目だしカッコいいし、
不憫だとは思うけど、頼むからイルジメの邪魔をするなぁ~!」
・・・って感じでしたが、気品ある佇まいと、気の毒な身の上からくる切ない表情がピッタリと
ハマっていて素敵でした。そして、朝鮮時代の服装と髪型がとてもよく似合っていました。
辛い片想いを何年もしている“シフ”が切なかったです。。

f0178110_22305632_20091029215116.jpg
朝鮮時代にこんな花美男いたのかなぁ~~

◎2009年『家門の栄光』
作品の面白さはもちろん、このドラマでは彼の色んな目の表情が見られるのも魅力です。
獲物を狙うハンターの目。
親や妹を慈しむ目。
人を小バカにする目。
愛しい人を優しく包み込む目。
激しい怒りをあらわにする目。。。などなど。。

彼って目に色気のある人なんですよね。。ほんとに。。
個人的に シフ君の魅力は「目」に一番あると思っておりまして。。
全開の笑顔よりも、怒った時の目が一番好きだったりします。
恐いんだけど色っぽいのです~~。。

news_photo.jpg
ワケありのこのキスシーンが素敵でした。。

それでは最後に、これから先、シフ君で見てみたい役柄を考えてみました。

『片想いに苦しむ御曹司』
「色男が片想いに苦しむ」の図が好きなので、是非とも演じてほしいです。
出来れば全編、ブランドスーツで決めて頂きたい。。
そして、お金に物言わしてソンジュ張りに遊園地貸し切ったりしてほしい。(笑)

『極悪非道な犯罪者』
あらゆる悪事をクールに、冷徹にこなすも、どこか寂しげで過去に傷を持つ犯罪者なんて
ピッタリじゃなかろうか。。あのクールで色っぽい「目」で是非とも演じてほしいなぁ~・・・

『一文無しから這い上がる成功者』
その上品な風貌からか、殆どがお金持ちのお坊ちゃま役のシフ君。
そんな彼に、敢えてボロっボロなどん底人生からサクセスして行く男を演じてほしいです。(『銭の戦争』みたいな…)野心溢れるシフ君、きっと色っぽくてカッコいいと思います。

そんなわけで、パク・シフという俳優は将来がものごっつ楽しみな人なのでございます


pakusihu6_0.jpg
かばいい~~


テーマ : 韓国俳優
ジャンル : アイドル・芸能

 プロフィール

ハナ

Author:ハナ
[SHINHWA]の復活を待っています…。

 カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 最近の記事
 カテゴリー
 最近のコメント
 リンク
 Tree-Arcive
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。